学校案内School Information

校長挨拶

校長挨拶

大いなる可能性を秘めたみなさんとの出会いを楽しみに。

「若き心は豊かな大地である。時に適っていれば、一言の種であっても、わずかのうちに、永遠なる果実を育む」。
これは、ウルグアイの文豪ホセ・エンリケ・ロドの言葉です。
つまり、若きみなさんの心の大地に、時に適った真心の励ましを贈り、希望の種・向学の種を蒔いて、可能性の芽を育み、大いなる世界へ飛翔するという花を咲かせるようにするのが、私たちの務めであると信じます。
この学び舎には、そんな心と情熱を持った熱心な先生方がいます。
大いなる可能性を秘めたみなさんとの出会いを心より楽しみにしております。

学校長赤岩 晃一

祐誠高等学校祐誠高等学校

校名の由来

「誠をもって祐く」その精神が育まれることを願って。

2005年4月、本校は久留米工業大学附属高等学校から、現在の校名に生まれ変わりました。
祐誠という校名は、「誠をもって祐(たす)く」という言葉に由来しており、人が生まれながらにもつ「真心」や「真面目さ」という「誠」を基に、互いを助けあう「祐く」の心をもって共に育っていくことを意味しています。

教育方針

「礼節」「勤勉」「協調」

この3つの言葉を教育の柱に、慈愛に満ちた「豊かな心」と「生きる力」を兼ね備えた有為の人材育成を目指します。

網領

  • 一、誠実 理屈は後だ、とにかくやろう
  • 一、礼儀 礼を重んじよ、人の生活は礼に始まり礼に終る自他敬愛は人道の基である
  • 一、明朗 くよくよするな、いつも健かに「心に灯、唇に歌を」
  • 一、思考 常に考えよ、そこに創造があり開発があり成長がある
  • 一、友愛 一人でも落ちこぼれないよう手を繋ごう
PAGETOP