→ もどる

 
2017卒業式、夢と理想を持ち続ける人生たれ! 2017.03.01

桜舞う中、不安と期待を胸に本校の校門をくぐってから、3年が過ぎました。この3年間、皆さんは様々な試練や困難を乗り越え、友とスクラムを組み、勉学は勿論、思い出となる学校行事、個性を伸ばすクラブ活動に、黄金の汗を流して来ました。その結果、全国いや世界で素晴らしい活躍した友達も、皆さんのそばに存在するわけです。そしてあらゆる生徒諸君が、この学び舎に輝く歴史を刻んでくれました。
 
本日、多くのご来賓ならびに保護者の皆様のご参列を賜り、第53回卒業証書授与式を挙行できますことを、衷心より感謝申し上げます。ただいま、卒業生461名に卒業証書を授与いたしました。卒業生の皆さん、そしてこの日を楽しみにしてこられた保護者の皆様、誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。
 
さて、本日この学び舎を巣立っていく皆さんの中には直接社会に出る人、または専門の知識・学問を身に着けるため進学する人もいると思います。どの道に進むにしても皆さんの行く手には幾多の試練が待ち受けていることでしょう。世界を見渡すと、数え切れないほどの難問が山積しています。アメリカ大統領の交代、隣国である韓国・北朝鮮・そして中国の関係、EU崩壊への危機、中東地域の不安定化、難民問題、貧困と飢餓、環境やエネルギーの問題などです。
 
加えて、日本は世界に例を見ないスピードで超高齢化社会を迎えています。しかし、よくよく考えてみると、どんな時代でも、問題の無い時は無かったと思います。要は、それらの問題に対して諦めず、人類の智慧を持って真摯に、解決していくしかないのだと思います。人の智慧は、人生を、社会をそして世界を、大きく変えていきます。そこに人間の無限の可能性があり、科学や技術の大いなる進歩・発見・発明があると考えます。
 
皆さんの未来には山積する問題と、同時に無限の可能性を秘めた未来が待っています。そこで、未来を担い立つ若き皆さんに、「夢と理想を持ち続ける人生たれ」と呼びかけたい。私が尊敬する吉田松陰先生は、次のように言っております。
 
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし」と。
 
まさに、この言葉の通りですが、この教訓を逆から辿ってみると、「成功するためには計画が必要であり、その計画を立てるためには、理想が必要である、そして、その理想を持つためには、まず夢が必要だ」と言えるからです。夢も理想もすべて心から生まれます。要は環境でなく、皆さん一人ひとりの心が自分の未来・ひいては周囲や、世界市民の一員としての未来を決することになります。まさに「
心こそ大切なれ」であります。
 
皆さんの未来が明るく、そして悠々と開けていくことを念じ、心が豊かで、感謝と挑戦の日々でありますよう祈念して式辞とします。
 
 
2016体育祭、天候にも負けず、顔晴れやかに顔晴る生徒諸君でした! 2016.06.27

雨のため、最終予備日に延びた体育祭でした。当日も午後から雨予報で、残念ながらプログラムも一部変更となり、生徒たちには大変申し訳なく思いました。それでもブロック対抗リレーや応援合戦の様子を見て、みんなの一生懸命さに救われた気がしました。そして全体的な練習も予行も、なかなか十分にできない中、放課後遅くまで頑張っていた生徒たちが浮かんできました・・・。
 
生徒会は2011年から科対抗をやめ、科・コースを越えた5ブロック編成で、男女が楽しめる体育祭にしました。以来子どもたちの自主性と協調性は、さらに強く育っていると感じます。
 
歓迎遠足も熊本地震のため中止になりました。今年度最初の学校生活の良き思い出になったのではないでしょうか。祐誠高校の生徒諸君、先生の皆さん、観覧された保護者の皆様、お疲れさまでした。

 
さあ出発しよう! 悪戦苦闘を突き抜けて!(入学式式辞) 2016.04.09

桜花爛漫の時も過ぎ、新緑の木々の下を通り抜けて来られた601名の新入生諸君、入学おめでとう!みなさんの入学を教職員一同、心から待ち望んでおりました。今日より祐誠高等学校の新しいドラマを共に作りあげて行きたいと、心躍る思いです。
 
さて、新入生のみなさんは、いろんな気持ちで、この入学式に臨まれたことでしょう。ただ、高校入学はゴールではなく、みなさんの大いなる人生のスタート地点なのです。どんな高校生活を送り、何を学び、最後にどのような結果を出すかが、人生にとって、より重要だと考えます。
 
本校には多くの学科と多様なコースが有り、その、それぞれが他校に決して負けない教育内容を誇っています。県下でも屈指の旋盤技術を持つ機械科。圧倒的な整備士国家試験合格者を輩出する自動車科。測量技術は福岡県トップレベルの土木科。全国パソコン甲子園の入賞者を出す情報技術科。今年も超難関の国立大学医学部に現役合格を勝ち取った普通科。さらにヒューマンシップ群という世界で唯一のカリキュラムを有するドリームコースなど、それそれの科とコースが皆さんの活躍を待っています。また、クラブ活動においても全国で・世界で活躍するのだと心に決めている人もいると思います。
  
いずれにしても、本日より祐誠高校生としての生活がスタートします。世界的に有名なアメリカの詩人、ウォルト・ホイットマンは言っています。
「さあ出発しよう! 悪戦苦闘を突き抜けて! 決められた決勝点(ゴール)は取り消すことができないのだ」と。新入生諸君、さあ本日より新しい高校生活の出発です! 3年後の決勝点(ゴール)を目指し本日より大いに頑張ってまいりましょう!